ツゲインはロゲインのジェネリックですが病院やネット通販という方法で購入することができます。しかし、病院に必ずあるというわけでもありませんし、価格も病院によって違うと思います。ネット通販で購入する場合は病院と違い安く購入できるのでおススメです。

ツゲインの発毛効果とは

ツゲインとは、発毛効果を促してくれるミノキシジルが主成分の脱毛症を治療するジェネリック医薬品です。
ジェネリック医薬品とは、後発医薬品のことで、特許料を支払わずに製造や販売ができるので安価に提供できます。
ただし、ジェネリック医薬品は先発医薬品と全てが同じではありません。有効成分が同じでも、製造過程や内部構造が違うだけで、薬が体内で溶け出す速度が変わり、薬の作用や副作用も変わってきます。
ジェネリック医薬品も有効性試験は行われていますが、安全性の試験までは行われていないことが多いです。
ツゲインは、病院で処方してもらうか、海外から個人輸入するか2つの方法がありますが、個人輸入の場合は本物であるかの保証もありません。全て自己責任となるので、ジェネリック医薬品は医師に処方してもらいましょう。
ツゲインの主成分はミノキシジルで、ミノキシジルが毛根の血行を良くし、発毛効果を促してくれる働きがあります。
ミノキシジルは前頭部には効果はありますが、頭頂部より血流が悪い頭頂部の薄毛には、効果が薄いとされています。
ツゲインを購入するときに迷うのは、ミノキシジルの含有量の違いですが、一概に濃度が高いほど効き目が高いわけではありません。
本来、医師なら5%を処方するとこを、自己判断で10%をつけると、もう5%では効かない体質になります。
また強いものを使うと頭皮が異物として拒絶反応を起こし、頭皮のストレスとなり、脱毛症を進行する恐れもあります。
朝と夜に1ミリリットルずつ、1日2ミリリットルのツゲインを使いますが、ツゲインには発毛効果はありますが、脱毛作用のある男性ホルモンを抑制することはできないので、プロペシア(抜け毛の抑制剤)を併用することで、効果的な脱毛症ができます。
普通、2~4ヶ月で発毛効果が出ますが、半年経っても効果がない場合は副作用の危険性が高まるだけなので中止しましょう